DIY。ETCの取付け方法
ETCカード 比較研究サポート
TOP PAGE > ETCを取り付けよう! > B 電源など配線。 プラス電源編

B 電源など配線。 プラス電源編(ETC本体を取り付けよう)

 当ページでは、カーオーディオ裏の配線から電源を確保するETC取付け方法 (連動型のETCは除く)を解説しておりますが、基本的には、それがカーナビでもほぼ同一工程となろうとお考え下さい。(なお当サイトでは、外車・輸入車や、その他ハイブリッド系など特殊なバッテリー装置を搭載する車両への取付け方法まではカバーしておりませんので、それら車両へのETC取付けでは、当サイト上の資料は一切ご参考になさらないように願います) 但し! 新車時からの特殊なカーナビに関しましては、また特殊なオーディオシステムやナビシステムを持つ車両に関しましては、若干工程が異なったり、当サイト上の情報だけでは不足ある可能性も十分に考えられますので、これら予めご留意願います。【⇒ それと加え、当サイトをご参考にされる上での注意点など
 ちなみに、その他の電源取得方法につきましては・・・
⇒ 「難易度 3.ヒューズボックスから電源を取る方法
⇒ 「難易度 1.シガーソケットから電源を取る方法」 これら参考までに。

 カーオーディオを取り外せれば・・・ いよいよ配線作業!

 ETCの配線は、プラス電源2本にマイナス電源1本。 分離型(セパレート)のETC車載器であれば、+アンテナの配線をするだけの単純作業です。 ちょっと電気についての知識がある方であれば全く難しくはないでしょう。(その車載器によっては、プラス電源は1本しかない場合も)

 え〜 それと、配線作業を始める前に、、、 ここで何点か準備しておきたい物があります。 それが 「エレクトリタップ(エレクトロタップ)」と 「ペンチ」。 どちらも、ホームセンターに置いてます。 ペンチは車載工具のプライヤー(ペンチ)でも十分OKでしょう。(あ、最近は車載工具なんて乗ってないクルマが多いですがら、どちらにしても事前準備が必要かと。。。 それとこのエレクトリタップは、新品のETC車載器なら 1・2個ほどパッケージに同梱されている場合も)

 ただカーオーディオが純正品タイプであれば、ほぼ間違いなく必要となりますが、カーナビ、又は社外品タイプのカーオーディオを取り付けられている方は、必要にならない事もあります。

 なお、事前に必要かどうかについては・・・ 購入されるETCの機種や、カーオーディオ等のタイプによって異なりますので、実際に作業段階に入らないと分からない場合も多いでしょう。

作業STEP.5 電源の配線 (プラス電源)

 さあ、いよいよ配線作業です。 ETCの取り付けで、一番キレイにすっきりと仕上がる「難易度 5.カーオーディオの配線から電源を取得する方法」です ^^

 先ずは、先述の 「車種別取付情報」を参考にして、車両ハーネス(車両側の配線コネクター)から電源コードを探し出します。 これら車種別取付情報には「配線コネクター・カプラーの説明」が記載されており、カーオーディオに接続されているカプラー等の電源コードを簡単に割り出せます。(コネクター・カプラーの位置と、その配線の色が明記されています。 尚、配線の色が2色記されている場合には、その配線には2種類のカラーが使われているという事になります)

 但し!!! ここで明らかにカプラーの形状が違っていたり、配線の色が異なっている場合には〜 特殊なオーディオかナビ(新車時のオプションなど含む)、その他社外品などの可能性がありますので、これら車種別取付情報の配線図は使用出来ない事もあります。 【⇒ これら場合の対応策

 必要な電源系配線は、「アクセサリー電源」、「バックアップ電源」、「アース」の3種類。 その3種類の配線をETCの配線と接続します。(但し、その車載器本体によっては、「バックアップ電源 (常時電源とも)」の配線が不要な場合もあり(そもそも接続すべき配線が出ていない)、その場合には〜 そのバックアップ電源の配線をする必要などはありません

 ETCの配線には、必ず 「黄色」、「赤色」、「黒」の3種の配線があるはずです。(ひょっとしたら一部例外もあるかもしれませんが。。。)

 「黄色」の配線には「BACK UP」、「常時電源」、「バックアップ」、「バッテリー」のいずれかの印が書かれています。(もしこれら配線の色と各名称が一致しない場合には、※注意1を)

 「赤色」の配線には「アクセサリー」、「ACC」のいずれかの印が書かれています。(もしこれら配線の色と各名称が一致しない場合には、※注意1を)

 「黒色」の配線には何も書かれていない場合もあり、配線の先っぽにクワガタのような金具が付いているでしょう。

 で、これらの配線を・・・

 ETC側 「赤色(ACC・アクセサリー)」 = カーオーディオ側の「アクセサリー電源

 ETC側 「黄色(バックアップ・バッテリー)」 = カーオーディオ側の「バックアップ電源」の配線へ各接続します。(黒色の配線についてはまた後程

 ※注意1
 尚、そのこれから取り付けられようと考えられるETC車載器によっては、これら配線の色が若干異なっていたりする可能性が御座いますので(場合によっては赤と黄色が逆だったり、その他オレンジ色や、そもそも全部プラスマイナス等も関係なく黒が使われていたりも)、

 もし上記例に当てはまらない配線の配置等をもつETC車載器を取り扱われる場合には、その各配線にタグなどで記載される電源名称、及び取付け説明書などに記載される配線説明に従って(配線にタグが付いていない場合には取付説明書をご参照ください。 またタグも取付け説明書も無い場合には〜 そのETC車載器のメーカーや型番をもとに、必ずそのメーカー等にて各配線の配置と電源名称などをご確認下さい)、かつそれらを優先させ〜 各電源等の配線接続を行って下さい。

 つまり〜 ETC側の配線色がオレンジ色でそれがアクセサリー電源配線であれば、それはカーオーディオ側のアクセサリー電源へ・・・ またもしETC側の配線色が黄色でも、その配線は ”アクセサリー電源配線” なのであれば〜 それはカーオーディオ側の ”アクセサリー電源” へ接続されて下さい。

 接続には「エレクトリタップ」を使います(圧着式コネクターとも)。


↑ちなみに、タップにも白や青、赤といった芯線の太さに合わせたサイズがいくつかありますが、一番使う頻度の高いのがこの赤でしょう。(実際、他はほぼ使うケースないです)
また他の構造のものも稀に見かけますが、実際現場(車屋)でよく使われているのもこのタイプと言えるでしょう。
なのでもし車載器にタップが同梱されていない場合には、おおよそこのタイプの赤で大丈夫かと。(ただ一応圧着時に、コード被膜が破れ芯線とタップ金属とがきちんと食い込み接触している事は要確認)

 そこでエレクトリタップの使用方法は・・・(ちなみにコレ、正式には ”エレクトロタップ” なんですね ^^  私、昔からの口癖でいつもエレクトリタップと言ってきたので、、、 TDLのパレードかっ みたいな)

エレクトロタップの使い方 その1
↑なお、当画像はあくまでエレクトリタップの使い方を解説するのみの画像ですので、当アトレーワゴン、及びETC車載器の実際の電源等接続を表すものではありません。

 タップ中央にある金属の「溝」へ配線を食い込ませるように配線を置き、(先ずは車両ハーネス側から)

エレクトロタップの使い方 その2
↑なお、当画像はあくまでエレクトリタップの使い方を解説するのみの画像ですので、当アトレーワゴン、及びETC車載器の実際の電源等接続を表すものではありません。

 外側のフタをペンチ等(あればプライヤーが最適)で締めます。(外側のフタをペンチ等でグッと閉めれば、配線が食い込むようなシステム)

 タップにはロックがありますので、しっかりと奥までグッとペンチを握り、パチっと外側のフタが閉まるのを確認する事。

エレクトロタップの使い方 その3

 図で書くと、こんな↑感じになります。

 片側に車両側(カーオーディオ側・車両ハーネス)の配線を接続し(フタのない方)、もう片側にもETC側のコードを接続すれば、タップの中央にある金属を通して電気が流れ、これら双方のコードとコードが接続出来るシステムになっています。(ペンチで圧着したときに、タップ中央の金属によって電源線の被膜が破れ、中の芯線がその金属に接触し〜 食い込み、電気が導通するというシステム。 なお、このタップには色々とサイズがあるので、車載器に付属しているモノ以外のタップを使用される場合には、芯線の食い込みが緩すぎず〜 激食い込み過ぎず〜 の物をチョイスしご使用されて下さい。 先者は接触不良、後者は断線の恐れがあります)

 ちなみに他の種のタップの場合も、これらと若干構造は異なりますが〜 基本的なシステムは同じです。 同じような見解で問題ないでしょう。

エレクトロタップの使い方4
完成。
※ なお、当画像はあくまでエレクトリタップの使い方を解説するのみの画像ですので、当アトレーワゴン、及びETC車載器の実際の電源等接続を表すものではありません。
 車載器の種類によっては、ETC側の配線がはじめからタップへ接続されているものも御座います。 もちろんこういった場合には 車両側のみの結線でOKです。

 ちなみに・・・ ETC側の配線(赤と黄色)の先っぽになにやら丸い端子が付いている場合には(俗に言うギボシ端子)、この丸い端子を切り離してエレクトリタップを使います。

丸接続端子(ギボシ端子)
↑この形状の端子は、エレクトリタップを使う時には必要なし。

 下記のような配線構造になっていませんか〜? (向かって左下がオーディオ側、右上が車両側。 真ん中は接続されている配線を外してみたところです)

社外オーディオなどのハーネス状態

 このパターンは、社外品(純正品ではない)のオーディオ、もしくはディーラーオプションのオーディオ(新車購入時のオプションで、ディーラーオプションと呼ばれるもの)によく見られます。

 この場合は、上記の画像で言えば右上の白いカプラーの先に「車種別取付情報」に記載されている純正の配線(ここで言う車両ハーネス(車両側の配線コネクター))が控えており、その配線に接続するか・・・(その場合の接続方法は上記配線方法に同じくとなります。 但しその場合は、その車両ハーネスが 「車種別取付情報」に同じモノである事が前提となります)

 オーディオの後に位置する配線に接続する方法の(上記画像で言えば、オーディオ側・左下の黒いカプラーから伸びている配線〜 車両ハーネス直前まで (右上の白いカプラーまで)の配線)

 2通りの方法があります。

 ちなみに〜 もし、オーディオの後に位置する配線に直接配線するのであれば、

 ETC側 「赤色」 = カーオーディオ側「赤色」

 ETC側 「黄色」 = カーオーディオ側「黄色」で、接続すればOKでしょう。

 この場合、社外品の規格は配線の色を統一している傾向なので、配線色によって配線の種類はほぼ決まっています。

 但し!

 「BACK UP」、「常時電源」、「バックアップ」、「バッテリー」と書かれた 「黄色」の配線は、「BACK UP」、「常時電源」、「バックアップ」、「バッテリー」のいずれかの印が書かれているコードへ、

 「アクセサリー」、「ACC」と書かれた 「赤色」の配線は、「アクセサリー」、「ACC」のいずれかの印が書かれているコードへ、、、

 電源の種類が合うように十二分に確認して接続するようにして下さい。極稀にメーカーによっては、赤と黄色が逆だったり、色の配置が異なる事もありますので・・・(これはETC側、カーオーディオ側のどちらにも言える事ですから、どちら側も十二分に確認の上にての接続を願います))

丸端子での接続例
これはタップを使っていませんが、一応 ”接続例” として・・・
 なお、オーディオ側からの配線が途中で分岐されており、かつその配線が明らかに空いている場合には〜 こういった↑↑↑直接的な接続方法(エレクトリタップなどを使わない)でも問題ありません。 またこれも参考までに m(_ _)m  【⇒ 事例と、ついでに必要あれば配線加工テクも

 尚、上記どのカプラー & コネクターにも属さず、かつ(また)各配線に電源などの表記タグなども一切見当たらず・・・ また配線色とその配置関係の確実性に欠ける(一部にタグが無いとか、またタグも配線図もなく、またメーカーにての接続配線確認も困難)・・・ といった場合などにおきましては、まあ一応はテスター(検電器)を使ってオーディオ裏や車両ハーネスの配線一本一本を測定 & 検電していって接続配線をチョイスする・・・ 等といった手法が残るには残ってはいるのですが、

 ただこの手法に関しては、自動車のかなりの電気知識が必要になろうかと思われますので、その辺りは他のサイトさんを探されてみるか、最寄の技術者などにご相談されるなどを推奨しておきますね ^^

 取る配線を間違えると、配線のショートやETC本体、その他オーディオ機器などの故障につながる可能性もありますし、また故障までは行かなくとも、他の電子機器の誤作動(電力不足によるETC車載器本体の誤作動も)を招いてしまう可能性も御座いますので。。。

 その他そもそも、これら検電テストには 先ほどまで外してあったバッテリー端子を一時的に接続してのテスト作業を要するため、それら作業中の思わぬショート事故などの可能性(そのショートによる各機器損傷の可能性も含む)もありますし。。。

 一応私も自動車業界の人間ですから、その辺りの知識は十分に持っておりはしますが、ただそこまでの解説につきましてはまあこういったトラブルの防止の観点等から、、、 ここではちょっと御割愛させて頂きたく思っております <(_ _)>

 とまあこんな感じで配線が完成したら >>> 「その4. 電源など配線。 アースの取り方編」へ続く。

 以上、プラス電源の配線編でした。


トップページ > ETC取付解説目次 > プラス電源の配線
Copyright(c) ETCカード比較研究サポート All Rights Reserved.